徒然

思いついたら書きます

scipy.optimize.bisectを使った二分法を競プロで使う

はじめに

今日のyukicoder contest 246で関数の二分法に関する問題が出ました。

競プロPython勢ではAtCoderD - 高橋君ボール1号ニュートン法(scipy.optimize.newton)で解く方法が有名かとは思いますが、二分法でもscipyのモジュールで解けるようなので使ってみました。

続きを読む

scipyでABC061 D Score Attackを解こうとして解けなかった話

はじめに

今までAtCoderをやってきて最短経路問題を避けてきたのですが、レート水色目前にしてようやく重い腰を上げFloyd-Warshall法やDijkstra法などを勉強しました。
その中で最短経路問題を解くのにscipyのライブラリを使えることを知りました。 note.nkmk.me juppy.hatenablog.com kawap23.hatenablog.com じゃあ自分もやってみよー、せっかくだし負の辺があってジョンソン法が使われる問題でやってみよーと思って解いてみたのが今回の話です。

続きを読む

「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」試験に合格しました

はじめに

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験(通称SAA)に合格したのでこの記事を書いてます。

続きを読む

Foxy Gesturesで上の階層へ移動させる

Firefox 57.0(Quantum)の正式版がきましたね。

アドオンがWebExtensionsに移行されるということで、殆どのアドオンが使えなくなると心配されていましたが、なんだかんだで多数のアドオンが新式になって安心しているところです。

 

しかし私がChromeに移行できない理由であったアドオン、FireGesturesは作者も行方不明で、ついに新式アドオンに対応しませんでした。

そこで代替アドオンを探してFoxy Gesturesに移行しました。WebExtensionsの制約によりいくつか使えないページがありますが、大概は今まで通り使えて満足しています。

 

しかし1点不満があり、FireGesturesではDU(↓↑)で上の階層に移動できたのですが、Foxy Gesturesにはそのようなオプションは見当たりませんでした。

しかしUser Scriptで自作スクリプトを動かせるようなので、以下のスクリプトをDUで登録しました。

if(location.href.match(/\/$/)){
   window.location.href = '../';
}else{
   window.location.href = './';
}

これでとりあえずはFireGesturesの動作を再現できるようになりましたとさ。めでたしめでたし。

でもhoge.hoge2.hoからhoge2.hoに移動させるスクリプトってどう書くんでしょ?location.hostnameとかでしょうか?jsわからないのでどなたかご教示願います。